山梨県甲斐市にあるYJ空手アカデミーは世界チャンピオンの長谷川 行光が指導する空手教室です。

BLOG

TOP > BLOG

ヨシダソース創業者 吉田潤喜会長講演会

2017.05.30

2017年6月28日(水) 18:00~20:00(17:30受付開始)

会場:山梨県立文学館

参加費:一般 2,500円(前売り券) 3,000円(当日券)

    ※高校生以下 ¥1,500(前売り、当日券共に) 

19歳、裸一貫でアメリカへ渡り、母親直伝ソースを空手で培った人脈から広め、年商250億までに。苦労の中からビジネスチャンスを掴んだ吉田潤喜先生の波乱万丈、大人も子供も楽しめる講演です。

 

吉田先生はオレゴン州知事の経済顧問を務め、ニューズウィーク日本版『世界で最も尊敬される日本人100人』に選ばれ、吉田ソース創業者であり、現在は吉田グループ会長として世界中を駆け回っている

今年3月、縁あってYJ空手アカデミーも吉田潤喜先生主催のYoshida Cupに参加。(詳細はBlog 「31回YHOSHIDA CUP」参照!)今回山梨講演があると聞き、また素晴らしい縁が繋がりました。皆さん、是非講演会に行きましょう!

今回は子供向けのお話もしていただけるようです。また、高校生以下は特別¥1,500の参加費で対応していただきました。

パンフはこちら↓

    yoshidakouen

希望者は人数を明記の上長谷川師範まで返信願います。

 

第45回山梨県中学生空手道選手権大会

2017.05.22

2017年5月21日(日)

富士北麓体育館メインアリーナ

先月の小学生に続き、全国中学生大会及び関東中学生大会の県予選が行われました。

団体戦は学校対抗、個人戦は道場対抗で、上位入賞者は全国中学生大会・(山梨小瀬)と関東中学生大会・(茨城)に出場がかかっていて、大変盛り上がりました。

YJ空手アカデミーからは5名の生徒がエントリー。うち3名が初出場。女子団体形も初めて組むことができました。

結果は小沢光希が男子形の部で2位入賞。全中、関中キップを手に入れました。

1年生の佐野森星も4回戦まで勝ち進み、ベスト16と大健闘。今後が楽しみです。

双葉中学校の3人トリオ、立川愛菜、飯野風花、古明地奈緒も個人に加え、団体形と団体組手にフルエントリー。唯一黒帯の立川が初心者2人をよくまとめ、団体組手では敗者復活戦で念願の1勝し、5位決定戦まで食い込んだことはすごいと思います。団体形は5位でしたが今大会でチームワークが深まりました。

表彰式の後、進んで後片付けを手伝う門下生の姿が印象的でした。中学生になって、自分で考え行動する力が出てきたことがなによりです。

 

第45回山梨県少年少女空手道大会

2017.05.09

2017年5月5日(金)

小瀬武道館メインアリーナ

春の小学生大会。YJ空手アカデミーからの参加者は例年より少ないながらも、先輩の頑張りに引き寄せられるように後輩たちの成長が見られた良い内容の大会でした。そして総合でも5位入賞とチーム全員で頑張った素晴らしい成果だと思います。

先日の全少・関少大会出場者も安定した内容でした。6年女子形の槇あずみはデビューした小2から5連覇。5年男子形の岡俐維も大会初優勝。

 

また3年男子組手では遠藤勇真が見事準優勝。久しぶりの組手上位入賞者にまわりの選手も良い刺激を受けました。2日前の組手強化練習にも積極的に参加。何度も試合を希望したりと、意欲と成長が見られた結果の現れでした。

1,2年生不在の団体戦出場が残念でしたが、今後はチームワークと積極性を意識した稽古をしてもらいたいと思います。

試合結果

3年男子形 2位 長谷川大空・敢闘賞 原田勝光

3年女子形 3位 土屋真璃

4年女子形 敢闘賞 松岡蘭珠・橘田凜

5年男子形 1位 岡俐維

6年女子形 1位 槇あずみ・敢闘賞 井川鞠花

3年男子組手 2位 遠藤勇真

3年女子組手 3位 天野光悠・4位 土屋真璃  

4年女子組手 3位 橘田凜・4位 松岡蘭珠

総合成績 第5位

皆さんよく頑張りました。

第17回全日本少年少女空手道大会予選会

2017.05.01

2017年4月30日(日)

小瀬武道館メインアリーナ

今年度の少年少女大会の県予選が行われました。

上位1位と2位の選手は全日本少年少女大会に出場決定 8/5~8/6東京武道館

上位1位~3位の選手は関東少年少女大会に出場決定 7/2神奈川県藤沢市秋葉台体育館

ただし形か組手どちらか1種のみのエントリーの為、繰り上げ出場もありました。

YJ空手アカデミーからは10名がエントリーして、過去最高の下記4名が全日本少女大会に出場、5名が関東少年少女大会出場が決定しました。

■全日本少年少女大会&関東少年少女大会出場者

3年男子形:長谷川大空(2位通過)

3年女子形:土屋真璃(繰り上げ通過)

5年男子形:岡俐維(1位通過)

6年女子形:槇あずみ(1位通過)

■関東少年少女大会出場者

4年女子形:橘田凜(繰り上げ通過)

    少年少女大会県代表者

県代表選手の自覚を持ち、この先行われる県の強化練習会においても積極的に技を磨き、惜しくも敗れた選手の為に頑張って頂きたいと思います。

今回予選会に挑戦した生徒はレベルの高さと意気込みを感じ取れたと思います。今後につながる良い経験ができたことでしょう。新年度も頑張ろう!

 

 

糸東会山梨県大会

2017.04.25

平成29年4月16日(日)

会場:山梨市民総合体育館

今年度初の大会である、山梨県糸東会大会が行われました。

生徒は冬の間、鍛えた技の成果が確認できたようです。また父兄の方にもコート係を快く引き受けて頂き、運営にご協力いただきました。ありがとうございます。

本大会は全国と関東大会の予選会を兼ねており、上位2名は8/19,20大阪中央体育館にて行われる全国大会に出場が決定されます。

当道場から15種目11名の県代表選手が決定されました。

また、当道場から初めての最優秀賞がなんと2名も選出されました。よく頑張ったと思います。

■小学生最優秀賞 槇あずみ 6年生女子形1位、組手2位

■中学生最優秀賞 立川愛菜 中3女子形2位、組手1位 

惜しくも敗れた選手は、反省点を今後の稽古に活かしていきましょう。

大会結果はこちら

http://yj-karate.com/match-result/325/